貿易事務として働くために必要な資格やスキルを知ろう

日本の貿易は多くの国と関わっている

日本は国内の流通だけでなく、海外との取引を数多く行っています。日本のブランドを海外に進出させたり、海外のブランドを日本に輸入したりしているのです。

貿易事務が活躍できる様々な職場

履歴書

海外との売買を行っている商社

貿易事務を必要とする企業で一番多くみられるのは、海外と売買契約を結んでいる商社になります。様々な国と取引を行うために、語学力に長けた貿易事務を求めているのです。

国際運送などを行う船会社

船会社では、国際運送も行っています。そのため、日本内の取引と、海外での取引を両立させなくてはなりません。また、書類の作成や対応も受け持ってもらうことから、貿易事務の活躍できる場とされています。

代金決済の仲介を行う銀行

日本の銀行でも貿易事務が必要となることがあります。それは輸入者や輸出者の代金決済を仲介して行うことがあるからです。外国人との取引になると、日本円ではなく、母国の通貨しか持っていないこともあるため、銀行が仲介を行うのです。

貿易事務として働くために必要な資格やスキルを知ろう

女性

ブランクがあってもできる貿易事務の仕事

貿易事務の仕事はたとえブランクがあっても、一度経験していれば再度就職することができます。しかし、貿易ビジネスは日々めまぐるしく変化しています。そのため、自分が働いていた時と法律や制度が変わっていることも注意しなくてはいけません。自分の持っている知識をいかしながら、新しい用語やスキルを学ぶことが重要になってくるのです。

仕事

貿易事務に求められる資格やスキル

貿易事務では必須と言われる資格はありません。しかし、「貿易実務検定」や「通関士」などの資格を持っていることで、採用に有利になることは間違いないでしょう。また、スキルに関して、共通語の英語は必須になってくる企業が多くあります。

ウーマン

貿易事務ではどれほどの英語力が必要か

貿易事務では英語は必須スキルですが、高度なスキルは求められません。英文の読み書きや受け答えできる英会話スキルが備わっていれば、業務をこなしながらでもスキルアップが可能だからです。

様々な機転で臨機応変に対応する仕事

貿易事務は、様々な国で多くの文化や考え方に触れる仕事になります。こちらが計画をたてていても、取引する国の情勢や天候などで大きく計画が狂う場合もあります。そんな時に臨機応変に対応する力も、貿易事務には必要になってくるのです。

広告募集中